九工大、ロボット作業習得早く AI学習、人が補う 安川電機が協力

2016/10/8 2:02
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 九州工業大学はロボットの人工知能(AI)活用を効率化するシステムを開発した。AIが学習する作業を人が補う。AIは学習させる作業に手間がかかり、中小企業が導入しづらいため、ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」を通じて人が指示する。安川電機が実用化に向けて協力する。

 九工大大学院知能制御工学部門の西田健准教授の研究室が開発した。ペッパーと安川の産業用ロボット「モートマン」を組み合わせ、日本IBM…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 1:00
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報