/

羽生王座が5連覇 「シリーズ終わりホッと」

王座戦第3局で糸谷八段を破り、タイトル防衛を果たした羽生王座(4日午後、山形県上山市)

4日朝から山形県上山市の葉山館で指されていた第64期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負の第3局は午後8時22分、131手で、先手の羽生善治王座(46、王位・棋聖)が挑戦者の糸谷哲郎八段(27)を破り、3連勝で王座5連覇を果たした。自身が持つ同一タイトル最多獲得記録を更新する王座通算24期目で、七大タイトルの獲得数は97期となった。

羽生王座は対局後、「今期は3局とも力戦調の将棋で、糸谷八段の独特の感覚を探りながら指していた。今はシリーズが終わりホッとしている」と安堵の表情を浮かべた。あと3期に迫ったタイトル通算100期については「一つの大きな目標として目指していけたらと思う」と語った。

羽生王座が矢倉に誘導し、糸谷八段が矢倉中飛車を選んだ本局は、ねじり合いの力戦に進んだ。挑戦者が序盤から積極的に動き、玉と飛車が接近する悪形をいとわない柔軟な構えを見せると、王座は玉を固めず金銀が盛り上がる形で反攻。盤の中央で駒がぶつかり合い、激しい戦いになった。

「先手9六香(69手目)と王座が歩を補充した局面を境に形勢が傾いた」(解説の飯塚祐紀七段)。その後、王座が優勢を徐々に拡大。羽生王座が糸谷八段を押し切った。「緩急自在で、盤面を広く見る王座の指し回しが光った。後手の2二金の壁金を相手にしない大局観も秀逸だった」と飯塚七段は話している。持ち時間各5時間のうち、残りは羽生王座38分、糸谷八段47分。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン