/

この記事は会員限定です

トモズ、台湾の店舗2.5倍に 東南アへの足がかりに

[有料会員限定]

ドラッグストアのトモズ(東京・文京)は2018年末までに台湾の店舗を現在の2.5倍の50店規模に増やす。親会社の住友商事が持つネットワークを生かし、出店地域を台湾全土に拡大。16年12月期に24億円を見込む売上高を18年12月期に50億円に引き上げる。台湾を足がかりに東南アジアへの展開を目指す。

トモズは12年に台湾に進出し、台北市を中心に店舗を展開してきた。1日に新竹市内のショッピングモールに出店したの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン