2019年9月18日(水)

インドネシア当局、英銀傘下の電力会社を捜査

2016/10/4 0:56
保存
共有
印刷
その他

■インドネシア当局 英スタンダードチャータード銀行傘下の国内電力会社のマックスパワー・グループに対して、贈賄の疑いで捜査を始めた。現在米国で行われている捜査についての報道が発端だ。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、米司法省は、スタンダードチャータード銀が経営権を握るマックスパワー・グループについて、電力供給契約を確実にする目的でインドネシア当局者らに賄賂を渡した疑いで捜査している。

汚職撲滅委員会の報道官は「まだ情報を集めている初期の段階だ」とした上で、「一部の関係者と会い、情報を確認するつもりだ」と述べ、これまでに得た情報がメディアを介したものにとどまっていることを明らかにした。

WSJが調べた報告書のコピーによると、昨年のマックスパワーの内部監査で、2014年と15年初めの現金前払い金75万ドル(約7610万円)以上が賄賂だった疑いがあることが明らかになった。(ジャカルタ=エルウィダ・マウリア)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。