/

しまむら最高益166億円 3~8月最終、目玉商品が伸びる

カジュアル衣料大手しまむらが3日発表した2016年3~8月期連結決算は、純利益が前年同期比46%増の166億円だった。同期間では3期ぶりの最高益となる。「素肌涼やかデニム&パンツ」などの目玉商品が計画より増えた。在庫管理の効率化などで利益率も改善した。

好調な業績を受け、17年2月期の年間配当を従来方針から1円積み増し196円とした。前期比でも1円増となる。

売上高(営業収入含む)は6%増の2816億円。営業利益は41%増の251億円と、226億円だった従来予想を大きく上回った。新たに29店舗を出店し、集客効果を高めた。汗を吸収・蒸発させる機能を備えた「素肌涼やかデニム&パンツ」やプリントTシャツの「ティース」などの売れ行きが好調だった。

同日会見した野中正人社長は「品ぞろえや商品陳列の見直しなど改革の成果が出た」と述べた。円高で仕入れ原価も下がり、売上高総利益率(粗利率)は1.8ポイント上昇し33.2%だった。

足元では陰りも見える。「ファッションセンターしまむら」は相次ぐ台風で既存店の客足が鈍っている。長引く残暑で秋冬物の販売もさえない。既存店は「10月も苦戦している」(野中社長)。17年2月期通期業績は純利益が24%増の306億円、売上高は5%増の5751億円とする従来予想を据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン