/

今治造船、りんかい日産を買収 工場の維持管理強化

今治造船は海洋土木のりんかい日産建設を買収した。9月15日付で投資ファンドのアスパラントグループと大和PIパートナーズが保有するすべての株式を取得し、子会社とした。りんかい日産は造船設備の工事に強みを持っており、グループ内で造船工場の維持管理機能を強化する。

今治造船が土木関連の企業を子会社にするのは初めて。買収後の出資比率は50%を超えるが具体的な比率や買収金額は明らかにしていない。

今治造船は、りんかい日産に丸亀事業本部(香川県丸亀市)の新ドックの建設工事を発注するなど関係が深かった。他の細かい工事も、りんかい日産が担う。一方で、同社は今後も今治造船以外の受注に応じる。

りんかい日産は2008年に会社更生法の適用を申請したが、15年3月にアスパラントと大和PIパートナーズの出資を受け、更生手続きを終えた。りんかい日産はドックの建設のほか、港湾や道路などの工事も手がけており、16年3月期の売上高は612億円。今治造船の同期の連結売上高は3747億円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン