/

スギヨ、新潟の水産加工会社買収 珍味など品ぞろえ強化

水産加工業のスギヨ(石川県七尾市)は3日、新潟市の同業、マルタ食品を買収することで合意したと発表した。同社の発行済み株式をすべて取得し、完全子会社とする。買収額は非公表。マルタ食品はカズノコやニシンを加工した珍味が主力で、買収により水産加工品の品ぞろえを増やす。

27日付で株式譲渡を受け、スギヨの杉野哲也社長、室屋雅啓常務がそれぞれマルタ食品の会長と社長に就任する予定。

スギヨはちくわ、かにかまといった練り製品に強い。両社の営業拠点を通じて互いの主力製品を拡販するなど、販売面での相乗効果も見込む。物流施設などを有効活用してコスト削減にもつなげる。

スギヨの年間売上高は約200億円で、マルタ食品は60億円規模。近年、世界的な水産資源の需要拡大で原料のすり身価格が高騰し、練り製品事業の収益環境が悪化している。スギヨは練り製品依存から脱却し、珍味分野を成長事業の柱の一つに据える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン