/

東急ハンズから個人情報流出か カード不正利用も

東急ハンズは30日、手作り作品の通販サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード番号や住所、電話番号などの個人情報861件が流出した可能性があると発表した。このうち十数件はカードが不正利用されたとみられるという。

流出した可能性があるのは「ハンズ・ギャラリーマーケット」で今年1月4日~9月9日までの間に商品を購入した顧客の情報。9日にカード会社から「情報が流出しているのではないか」との指摘があり、外部に調査を依頼していた。

861件のうち、クレジットカード情報が流出したのは529件。現在はサイトの利用を停止しており、再開時期は未定という。

29日に警視庁に届け出て、経済産業省にも報告した。不正利用の被害額は分かっておらず、今後調べた上で被害届を出す。

東急ハンズは情報が流出した客には個別に連絡するとともに、カードを再発行する際の手数料を負担するとしている。同社は「事態を厳粛に受け止め、再発防止策を講じる」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン