ソフトバンクのハイブリッド債、個人好調・機関投資家は低調

2016/9/30 23:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループが「ハイブリッド債」と呼ばれる債券4000億円(25年債)を9月30日に発行した。事業会社の個人向けハイブリッド債は初めてで、高い利回りを背景に販売は順調だったようだ。対照的に先行して販売した機関投資家向けは当初3000億~5000億円程度を見込んだものの710億円の起債にとどまり、明暗が分かれた。

機関投資家向けは25年債と27年債の2本。政府系金融機関が1行で710億円の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]