/

この記事は会員限定です

養父特区、ナカバヤシが農地購入 農業規制、企業と風穴

[有料会員限定]

企業の農地取得への規制が緩和された兵庫県養父市の農業特区で、ナカバヤシなど2社が全国の企業で初めて農地の購入に乗り出す。養父市にとっては企業の農業参入を妨げる「岩盤規制」に風穴を開ける取り組みの大きな節目。今後も企業と規制を打ち砕く改革を進める。企業側は自前の農地なら大型施設の導入や転作が進めやすくなるとみる。養父の特区で生産性が向上すれば、停滞が続く関西農業へのカンフル剤になりそうだ。

養父市は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン