/

シルバーエッグが上場 社長、ネット商品推奨「精度高く」

シルバーエッグ・テクノロジーが27日、東証マザーズに上場した。インターネット通販サイトで利用者の購入・閲覧履歴を解析してお薦め商品を表示するシステムを開発している。記者会見したトーマス・アクイナス・フォーリー社長は「他社より精度が高い分析力を生かして事業を拡大したい」と語った。

27日は買い気配のまま、取引は成立しなかった。個人投資家の買い注文が集中し、気配値は公募・売り出し価格(900円)の2.3倍となる2070円まで切り上がった。

同業他社の類似サービスが大量のデータを取り込んで解析するのに対して、シルバーエッグは人工知能(AI)を使ってお薦め商品を瞬時に表示するため時間を短縮できるという。約200のサイトに提供しており、採用企業は従来の通販から不動産や人材の分野に広がっている。2016年12月期の純利益は前期比56%増の7500万円を見込む。フォーリー社長は「今後はアジアや欧州への展開を検討したい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン