/

広島大跡地、来月8日に街開き 三菱地所系など

三菱地所レジデンスや三井不動産レジデンシャルなど9者は27日、広島大学の本部跡地を再開発してできた街の名称が「hitoto(ひとと)広島」に決まり、10月8日に街開きをすると発表した。27日の発表会で三菱地所レジデンスの小玉英司広島支店長は「広島の知の拠点の再生に寄与する街づくりを進めていく」と話した。

敷地面積は3万8千平方メートル。先行して8月にルネサンスがフィットネスクラブを開業し、9月29日に広島トヨペットが自動車販売店をオープンする。医療法人の翠清会梶川病院が10月1日に開くほか、同日に社会福祉法人の広島常光福祉会がケアハウスを開く。賃貸マンションやコンビニエンスストアを併設した建物も17年4月に開業する。

665戸の分譲マンションは地上54階建てで2017年4月に着工し、20年7月に完成する見通し。複数の施設で利用する電力を一括受電するシステムや、コージェネレーション(熱電併給)設備も導入。エネルギー管理システムで電気やガスの需給を管理する仕組みも整えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン