/

この記事は会員限定です

ニッケル在庫、2年ぶり低水準 フィリピン減産・中国需要増

[有料会員限定]

ステンレス鋼に使うニッケルの在庫が減少している。指標のロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫在庫量は2年ぶりの低水準だ。フィリピン産鉱石の供給減少に加え、中国のステンレス消費の増加でニッケルは6年ぶりの供給不足。価格も上昇しており、幅広いステンレス製品に値上げ圧力が強まりそうだ。

LMEのニッケル在庫は23日、36万3216トン。年初と比べると17%少ない。最大消費地である中国の上海市場の取引所在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン