/

この記事は会員限定です

愛知・名古屋でアジア大会、費用抑制へ「簡素」強調

[有料会員限定]

愛知県と名古屋市の共催が決まった2026年の夏季アジア競技大会。県と市は新たに競技場の建設はせず、運営経費を含めた主催者負担額は850億円とした。競技場の整備だけで2000億円超を投じた1994年の広島大会と比べると、半分以下の金額に抑えている。地元経済に大きな波及効果が見込まれるアジア大会だが、どこまで費用を抑えられるかが課題になる。

「愛知らしく、簡素で質素で機能的で合理的な大会にしていきたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン