マイクロ波化学、スマホ画面の新素材量産 透明度高く

2016/9/25 23:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪大学発ベンチャーの化学会社マイクロ波化学(大阪府吹田市、吉野巌社長)は2017年からスマートフォン(スマホ)などのタッチパネルの電極フィルムに使う新素材として期待される銀ナノワイヤを量産する。

タッチパネルには指の動きを感知する透明電極フィルムが使われる。電極の素材として希少金属のインジウムを用いた酸化インジウムすず(ITO)が使われ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]