/

この記事は会員限定です

味の素、ブラジルで食品の酵素製剤生産 業務用を強化

[有料会員限定]

【サンパウロ=宮本英威】味の素はブラジルで食品添加物やレストランなどで使う業務用食材の販売を強化する。来年4月をめどに、食品に弾力性や保水性を加える酵素製剤の現地生産を始める。投資額は530万レアル(約1億6千万円)。サンパウロを訪問中の西井孝明社長が明らかにした。「ブラジル経済の状況は厳しいが、食品については底は打ったとみている」と話し、事業拡大に布石を打つ。

リメイラ工場(サンパウロ州)内に新たな製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン