/

この記事は会員限定です

ウナギ稚魚、人工的に量産 20年までに水産庁

[有料会員限定]

水産庁は2020年までに、人工的にウナギの稚魚を量産できるようにする。設備改良などで実用化を急ぐ。近く開かれる絶滅危惧種の取り扱いを協議する国際会議でもウナギは主要議題の一つで、国内で安定供給の仕組みを整える。

日本の食卓で一般的な「養殖ウナギ」は日本近海で捕った天然の稚魚を養殖場に送り、食用の親魚に育てたもの。完全養殖のウナギは市場に出回っていない。国立研究開発法人の水産研究・教育機構が静岡県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン