日立、鉄道でM&A検討 売上高1兆円に向け

2016/9/21 23:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=黄田和宏】日立製作所の東原敏昭社長と鉄道事業部門トップのアリステア・ドーマー執行役専務は、鉄道事業で2020年代の早期に売上高1兆円を達成するためにM&A(合併・買収)が必要になるとの考えを示した。ベルリンで開催中の鉄道見本市「イノトランス」で日本経済新聞の取材に対して答えた。

東原社長は日本、英国、イタリアの3拠点を中心とする現在の生産設備では7000億~8000億円が上限になると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]