/

この記事は会員限定です

東武住販、中古住宅事業を拡大 空き家管理など

[有料会員限定]

東武住販は中古住宅にかかわる事業を大幅に拡大する。主力の戸建てリフォーム販売に加え、今月から空き家管理に参入。賃貸借契約を続けながら所有者が代わる「オーナーチェンジ」など仲介業務も本格展開する。販売のみではいずれ限界が来るとみて、早期に事業構造を改革する。将来は空き家解体や解体後の住宅新築販売まで事業分野を広げる考えだ。

空き家管理はまず山口県下関市を中心に100件程度の成約を目指す。順次北部九...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン