富山地鉄北斗バス、富山―長野線10月末で廃止

2016/9/21 6:04
保存
共有
印刷
その他

富山地鉄グループの富山地鉄北斗バス(富山市)は20日、高速バスの富山―長野線を10月末で廃止すると発表した。北陸新幹線の開業もあり、利用状況が低迷しているため。2014年度の利用者数が1万1000人だったのに対し、15年度は9000人と落ち込んでいた。

同路線は13年9月に長野県の長電バス(長野市)と共同で運行を始めた。1日2往復し、富山駅前から長野市の権堂までを約3時間20分で結ぶ。料金は片道3100円、往復4960円と新幹線よりも低価格に設定していたが、1便当たりの平均乗車人数は6~7人程度だったという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]