/

この記事は会員限定です

費用400億円の分担焦点に 傾斜マンション全棟建て替え

[有料会員限定]

三井不動産レジデンシャルが横浜市都筑区で販売したマンションの傾斜問題が発覚しておよそ1年。住民側は19日、傾いていない棟も含めた全4棟の建て替えを決議した。これを提案していた同社は本格的に動き出す方針で、今後の焦点は400億円とされる一連の経費を関係業者でどう分担するかに移る。傾いた原因はなおも確定しておらず、責任問題の決着にはまだ時間がかかりそうだ。

マンションの建て替えには所有者の5分の4以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン