/

この記事は会員限定です

独バイエル、デジタル農業を深掘りへ 米モンサント買収で

[有料会員限定]

今年最大となる660億ドル(約6兆7300億円)の買収で先週合意した独バイエルと米モンサント。農薬・種子の世界首位に立つ圧倒的な規模に注目が集まるが、バイエルには別の狙いがある。実は両社はIT(情報技術)で農業の生産性を高める「デジタル農業」で先頭を走る。衛星写真を使った土壌環境分析に基づき、農薬散布の時期や量などの情報を提供、収穫量に応じて手数料を受け取る「農業サービス企業」への変貌を視野に入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン