/

この記事は会員限定です

自治医大発VB、米バイオと合弁設立 遺伝子治療薬を製造

[有料会員限定]

自治医科大発のバイオベンチャー遺伝子治療研究所(川崎市、浅井克仁社長)は米バイオ企業のアジリス・バイオセラピューティクス(マサチューセッツ州)と共同で、次世代の医療として期待される遺伝子治療に用いる薬の製造会社を設立した。第1弾としてパーキンソン病向けの遺伝子治療薬を製造し、自治医大などと組んで実用化を目指す。

設立したのは、合弁会社「アジリスGTRIジャパン」(川崎市)。遺伝子治療研とアジリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン