/

この記事は会員限定です

外資系ファンド、心通う企業再生 日本法人トップが奮闘

[有料会員限定]

外資系の投資ファンドが企業の成長支援で存在感を高めている。証券会社や商社出身の40~50代の日本法人トップたちは日々、投資先企業の経営改善に奮闘する。かつては「ハゲタカ」のイメージが先行したが、企業再生で実績を重ね、大企業の事業売却先としても名前が挙がる。トップに共通するのは「投資先との信頼関係が成功のカギ」との思いだ。

投資ファンドは企業を買収したうえで企業価値を高め、数年後に売却して運用益を得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン