長野鍛工の金属加工の新技術、国の研究委託事業に認定

2016/9/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金属部品加工の長野鍛工(長野市)と九州大学・産業技術総合研究所が開発した金属加工技術が国の研究委託事業に認定された。加工が難しいニッケル超合金などを省力化して加工できる新技術だ。国から今後3年間で最大3億円の100%支援を受け、新技術を活用した自動車のターボチャージャー(過給器)の実用化を目指す。航空宇宙産業からの引き合いも強く、航空機エンジン向けの開発も視野に入れる。

9月5日に長野鍛工が認定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]