/

この記事は会員限定です

規制改革会議、実績重視の陣容に

[有料会員限定]

政府の規制改革推進会議の議長に大田弘子政策研究大学院大教授が就任した。大田氏は経済財政相や政府の税制調査会委員などを歴任。政府高官は「実績があり、きちんと議論をまとめられる」と議長に起用した理由を明かす。

委員には、国家戦略特区の作業部会委員を務める八代尚宏昭和女子大特命教授や原英史政策工房社長が入った。今後、特区と規制改革の連携が進む可能性がある。特に八代氏は労働政策が専門で解雇の金銭補償の法制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン