日本初の事業用水力、京都・蹴上発電所 マイルストーン認定

2016/9/13 6:00
保存
共有
印刷
その他

日本初の事業用の水力発電所である関西電力の「蹴上発電所」(京都市左京区)が12日、米電気電子学会(IEEE)から技術分野の歴史的な業績をたたえる「IEEEマイルストーン」の認定を受けた。受賞は京都市と関電。水力発電の先駆けで日本の産業の近代化に貢献した点が評価された。京都市内の施設が認定されたのは初めて。

同発電所は琵琶湖疏水に流れる水を活用し、1891年に運転を開始。京都市内を走った国内初の電車「京都電気鉄道」へも送電した。1942年に京都市から関西電力の前身の関西配電に引き継がれた。今でも現役の発電所として稼働中だ。

同日に記念式典が開かれ、門川大作市長は「蹴上発電所など琵琶湖疏水の事業には産業遺産の価値がある」と話した。

マイルストーンにはこれまでに東海道新幹線やハイビジョンなど国内で28件が認定されている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]