/

丸善CHIの2~7月期、最終益52%増 教育施設工事が伸びる

丸善CHIホールディングスが12日発表した2016年2~7月期連結決算は、純利益が前年同期比52%増の15億円だった。大学の学部増加に伴って、好採算の教育施設工事事業が伸びた。東京・池袋のビルや株式の売却などで特別利益を計上したことも寄与した。

売上高は2%増の921億円だった。大学図書館などの設計・施工を手掛ける教育施設工事事業が好調だった。主力の書籍販売や児童書などの出版事業は苦戦した。

営業利益は26%増の20億円だった。基幹システムの減価償却が終わり、販管費が減った。

17年1月期通期の連結業績予想は期初予想を据え置いた。売上高は1%増の1765億円、純利益は14%増の11億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン