/

この記事は会員限定です

保育士、なり手確保カギ 政策総動員必要に

[有料会員限定]

政府と東京都が保育所設置を巡る規制緩和に乗り出す。政府は待機児童問題が最も深刻な都で突破口を開き、目標として掲げる待機児童「ゼロ」の実現に近づけたい考えだ。

待機児童は首都圏など都市部での解消がなかなか進まない。共働き世帯は増えているのに、施設整備が追いつかないのが実態だ。都が活用を検討するミニ保育所は大規模な施設がいらず、既存の建物を転用しやすい。都市部で機動的に待機児童を減らす窮余の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン