/

この記事は会員限定です

よみがえれ、萩の夏ミカン 旧藩士のアイデアつなぐ

[有料会員限定]

山口県萩市は明治維新の志士の故郷であり、武家屋敷の土塀、風に揺れる夏ミカンという風景がよく知られる。だが夏ミカンの栽培は、実は明治以降の話。萩を救うため旧藩士が思いついたアイデアだった。そして今、萩の活性化のため奔走するのがNPO法人萩の夏みかんクリエイト理事長、清水明人だ。

同市の道の駅では数多くの夏ミカン製品が売られている。ジュース、アイスキャンディー、マーマレード、砂糖漬け……。「実だけで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません