/

この記事は会員限定です

島津、新興国で病気早期診断 インド社と新生児向け機器販売

[有料会員限定]

島津製作所は新興国で、先天性の病気を早期診断できる分析装置を今月から販売する。インドの医療機器大手と提携し、同社の販路を使って中近東や東南アジア、アフリカで売り込む。これまで食品や環境測定機器が強かったが、世界で需要拡大が見込める医療関係を収益の柱の一つに育成する。

提携したのはインドのトリビトロン・ヘルスケア。検査用試薬や機器の大手で、新興国に強力な販路を持っている。島津製が開発した血液中の物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン