タカヨシ 眼鏡型機器で客目線解析 新たな宣伝手法探る

2016/9/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

県内印刷大手のタカヨシ(新潟市、高橋佑社長)は、新たな広告手法の開発に乗り出す。顧客が注目するポイントを解析する機器を導入して、より宣伝効果の高い印刷物の開発を進める。さらに動画を組み合わせた印刷広告物の開発に向け、動画や映像関連企業を対象としたM&A(合併・買収)を検討する。社内で部署の積極配転を通じて人材育成も進める。電子化の進展で印刷業界は厳しさを増している。提案力を高めて、収益拡大を目指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]