/

この記事は会員限定です

中国、AI百花繚乱 政府振興策で過熱

すでに100社 「バブル」指摘も

[有料会員限定]

中国が人工知能(AI)産業の育成にカジを切り始めた。国を挙げて関連企業や技術を振興し、2018年までに「1千億元(約1兆6千億円)産業にする」。ネット大手の百度(バイドゥ)や騰訊控股(テンセント)をはじめ100社強が参入しており百花繚乱(りょうらん)の様相を強める。競争過熱でバブルとも指摘されるなか、中国のAI産業は離陸できるか。

バスケを実況

「デュラント選手がボールを持って跳んだ……。そのま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン