/

精米機のサタケ、週休3日制を試験導入 17年夏の1カ月間

精米機メーカーのサタケ(広島県東広島市)は1日、2017年7月上旬から8月上旬にかけての5週間、週休3日制を試験導入すると発表した。対象は同社や関連会社の社員ら約1200人。年間の労働時間である1904時間や、会社が休日として設定する総日数は変更せず、国民の祝日を挟んだり、期間中の平日に会社の休日を設定するなど柔軟に運用する。

7月9日から8月12日までの5週間を対象にする。取引先の都合などで出勤した場合は振り替え休日を取得する。

第1週は社員が一斉に有給休暇を取得する日を月曜の7月10日に設定し、同15日の土曜と組み合わせて週休3日になる。第2週や第5週は海の日、山の日の2つの祝日で週休3日にする。第4週は年11日ある会社の休日を7月31日に設定し、週休3日にする。

同社は原則として毎日ノー残業デーとするなど、家庭と仕事の両立を促す取り組みを進めている。週休3日を夏の1カ月強の期間に試験実施し、運用に支障がなければ、本格的な導入を検討する。ただ本格実施した場合、年間の労働時間数が減るなどの解題がある。試験実施を通じ、本格実施に向け課題をあぶり出す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン