生鮮物流管理にIoT スカイディスク、改善も提案

2016/9/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スカイディスク(福岡市)はあらゆるものがインターネットにつながる「IoT」技術を使って農水産物など食品の物流を管理、改善するサービスを始める。レストラン向けの食品流通を手掛けるプラネット・テーブル(東京・渋谷)と提携し、同社が運ぶ食品にスカイディスクのセンサー機器を取り付けて流通環境のデータを収集。改善につなげる。

生鮮食品は輸送中の温度変化や衝撃によって傷んだり、品質が悪化したりして売り手、買…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]