原料炭、2年半ぶり高値 豪産スポット、中国で減産

2016/8/29 23:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高炉の製鋼工程で使う原料炭のスポット(随時契約)価格が急上昇している。オーストラリア産の指標品(高品位強粘結炭)価格は1トン130ドル前後まで上昇し、2年半ぶりの高値をつけた。中国で供給増に歯止めがかかり、インドの製鉄所が調達を増やす。日本の高炉各社の10~12月の長期契約価格は3期連続で上昇する公算が大きい。

スポット価格は年初に比べ7割近く上昇した。粗鋼生産量で世界3位のインドの製鉄所が調達…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]