/

この記事は会員限定です

医療・福祉に伝統の技 漆器店が調理システム、錫で手術器具

[有料会員限定]

北陸の伝統産業の有力事業者が成長が期待される医療・福祉分野の開発に乗り出した。越前漆器の下村漆器店(福井県鯖江市)は福祉施設や病院の調理を支援するシステムを開発。鋳物産地の富山県高岡市にある能作は医療器具に取り組む。伝統の技を生かしつつ、新たな販路に挑む。

福井県の景勝地、東尋坊に近い坂井市三国町の宮崎病院は、下村漆器店の調理システムを医療機関で初めて導入した。同じ法人が運営する福祉施設の利用者を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン