/

この記事は会員限定です

足利銀、投信ネット販売に「ロボアド」導入

[有料会員限定]

足利銀行はインターネットバンキング専用の投資信託商品の販売に、コンピューターによる投資助言サービス「ロボ・アドバイザー(ロボアド)」を導入した。三菱UFJ国際投信のファンドに対応したロボアドで、顧客がネット上での質問に答えると最適なファンドを自動提示する。顧客自らの資産運用を手助けする狙いで、北関東では常陽銀行に次いで2例目となる。

ロボアドは三菱UFJ国際投信が提供し、名称は「ポートスター」。同社のネッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン