2019年2月23日(土)

富山の2区間で4車線化を試験 東海北陸自動車道

2016/8/26 6:01
保存
共有
印刷
その他

北陸地方整備局は25日、「東海・北陸地方間のネットワーク交通課題検討会」を開いた。東海北陸自動車道のうち、小矢部砺波ジャンクション(JCT)―飛騨清見インターチェンジ(IC)の富山県内2区間で、試験的に4車線化することを決めた。必要な用地は既に確保しており、2016年度内に工事を始める計画だ。

4車線化するのは城端トンネル北側坑口―福光IC区間と、南砺スマートインターチェンジ―小矢部砺波JCTの2区間の計約10キロ。試験的に車線を増やし、効果を検証する。中日本高速道路会社は「おおむね5年以内の完成を目指す」とした。東海北陸道は現在、一部を除いて対面2車線となっており、渋滞などが問題となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報