/

この記事は会員限定です

道路温度下げ 東京五輪快走 国交省、特殊な舗装で

[有料会員限定]

国土交通省は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて道路の熱さ対策に乗り出す。路面の温度を下げる効果がある舗装をしたり、木陰ができるように街路樹を配置したりする。東京五輪は真夏の開催となり、公道で実施するマラソンや競歩などへの影響が懸念されている。滑りにくさにも配慮した選手にやさしい道路整備を進める。

9月に主要な対策を取りまとめ、年度内にも工事に着手する。

想定するのは特別な舗装によって温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン