/

この記事は会員限定です

研究開発減税、IT・サービスも 経産・厚労省が要望

[有料会員限定]

経済産業省と厚生労働省は2017年度の税制改正で、企業の研究開発を支援する政策減税の対象に、いまは入っていないIT(情報技術)などサービス分野の開発も加えるよう要望する。人工知能(AI)やモノがインターネットとつながるIoT関連のビジネスを税制面から支援する。

両省は年末に向けて財務省や与党と調整する。

今回、見直すのは研究開発減税と呼ばれる政策減税だ。14年度の減収額は6746億円に及ぶ。自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン