/

この記事は会員限定です

著作権団体整備を支援 文化庁、ASEAN諸国で

[有料会員限定]

文化庁は東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国で著作権に関する制度や法規制の整備、意識向上が進むよう支援を強化する。各国の政府関係者を日本に招いての研修や、専門家の現地派遣事業を拡大。日本音楽著作権協会(JASRAC)のように著作権を集中管理する団体の整備を各国に促し、海賊版対策につなげたい考えだ。

義家弘介文部科学副大臣が25日、ブルネイでの日本とASEANの文化大臣会合で表明する。文科省は必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン