/

JR大津駅ビル10月改装オープン、飲食店やカプセルホテル入居

西日本旅客鉄道(JR西日本)と飲食店運営のバルニバービは23日、改装中のJR大津駅(大津市)の商業施設を10月1日に開業すると発表した。飲食店や観光案内所のほか、カプセルホテルが入居する。

大津駅ビルの新名称は「ビエラ大津」。バルニバービは2階部分に設けるホテルや地元食材を使った飲食店、バーなどを運営する。本を読んだり購入できたりするスペースやバーベキュー用のテラスも設ける。

観光案内所もバルニバービが運営を手掛け、お祭りなどを通じて近隣住民や観光客の集客を目指す。訪日外国人向けの料理教室など飲食店と連携したイベントも予定している。バルニバービの佐藤裕久社長は「待つだけでは人は集まらない。観光案内所が積極的に仕掛けていく」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン