2019年7月23日(火)

関空国際線、快適性競う 日航、新内装を投入 外資は最新鋭機

2016/8/25 13:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西国際空港に就航する航空各社が国際線に新しい機体を相次ぎ投入する。日本航空は2017年初までにホノルル線に快適性の高い最新の座席を備えた機体を入れる。全日本空輸もアジア線に座席間隔が広い機体を投入した。関空就航便は成田空港などに比べて古い機体が多かった。大手航空会社は最新の機内設備を導入し居心地を良くして、関空で就航便数が多い格安航空会社(LCC)との違いを打ち出す。

日航が導入するのは米ボー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。