/

この記事は会員限定です

栃木銀、宇都宮証券を子会社化 資金運用の受け皿多様に

[有料会員限定]

栃木銀行は23日、栃木県を地盤とする個人向け証券会社の宇都宮証券(宇都宮市)を買収すると正式に発表した。2016年度中に発行済み株式の6割を取得する。金利低下を背景に預金の魅力が薄れる中、株式、外国債券などハイリスクハイリターンの商品を取りそろえ、多様化する個人の資金運用需要に応える。銀行同士の統合より、単独で総合金融をめざす方針だ。

宇都宮証券の株式は東海東京フィナンシャル・ホールディングス(FH)が91.94%、栃木銀が1.56%それぞれ保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン