「さいたまトリエンナーレ」まで1カ月 知名度低迷、PR躍起

2016/8/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

さいたま市が開催する国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ」まで、24日で1カ月となる。総事業費7億円の大型事業だが、市民からの知名度は依然として低迷したままだ。イベントを手伝うボランティアサポーターの数は目標の6割弱で、ネットを利用した資金調達では達成率が5%にとどまった。市はPRイベントなどで最後の認知度向上へ追い込みをかける。

さいたま市の清水勇人市長は23日の記者会見で「万全の体制で臨めるよ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]