/

この記事は会員限定です

建設国債2.7兆円追加 2次補正、一般会計4.1兆円に

[有料会員限定]

政府は22日、2016年度第2次補正予算案の全容を固めた。一億総活躍社会の実現やインフラ整備などを柱に一般会計の歳出総額は4兆1143億円とする。財源として、公共事業などに使途を限定する建設国債を2兆7500億円追加発行する。当初予算などを含めた今年度の歳出総額は100兆円を超え、財政規律の維持が引き続き課題として残る。

24日の臨時閣議で決定し、秋の臨時国会に提出する。2日にまとめた経済対策の一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン