2019年9月23日(月)

任天堂、マリナーズ持ち分660億円で売却

2016/8/22 23:31
保存
共有
印刷
その他

任天堂は22日、米子会社が保有する米大リーグ球団シアトルマリナーズを運営する会社の持ち分の一部を売却することが正式に決まったと発表した。売却額は6億6100万ドル(約660億円)。今後の連結業績に与える影響額については、計算と確認に時間がかかるため確定後に開示するとしている。

任天堂は4月、過半を出資するマリナーズ運営会社の持ち分の一部を売却する交渉を始めると発表。10%を残し運営会社の他の出資者に売却する考えだった。今回、大リーグ機構の承認を受けて売却が正式に決定した。

マリナーズには1992年に任天堂元社長の故山内溥氏が個人として出資し、筆頭オーナーとなり、日本人として初めて大リーグ球団のオーナーに就任した。

成績が低迷し経営も振るわずチームの移転が検討されるなかで、山内氏は米国社会への貢献を目的に経営に参加した。2004年に任天堂が山内氏の出資分すべてを約6700万ドル(当時のレートで約70億円)で取得していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。