2018年7月21日(土)

「安政江戸地震」のメカニズム解明 清水建設技術研

2016/8/22 0:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 清水建設技術研究所の佐藤智美上席研究員は約160年前に関東地方の直下で起きた「安政江戸地震」のメカニズムを突き止めた。千葉県北西部のプレート(岩板)内部で起きた関東近郊に特有の地震だと分かった。防災対策などに役立てる考えだ。

 推計1万人の死者を出した安政江戸地震は、隅田川の河口付近の活断層が震源だと考えられてきた。しかし、文献などの分析から推定した関東各地の震度分布と整合性がとれず、詳細も不明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報