高額がん治療薬、効果予測の目印候補発見 京大

2016/8/22 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学の浜西潤三講師は免疫の働きを利用した新タイプのがん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の効果を予測する目印の候補を見つけた。薬の投与直後に血液中の免疫細胞の構造が変わるなどした場合、がんが縮小しやすかった。オプジーボは優れた効果が期待できるが高額だ。投薬時の効き目を予測する技術が確立できれば、患者を絞り込め、医療費の節約につながる。

オプジーボは小野薬品工業などが開発した画期的な薬だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]